噂のストライダー!何がそんなに人気なの?

こんにちは!

私の息子じょじょは今ストライダーの練習にハマっています。

ハマっているといってもスイスイ進めるわけではなく、またがってチョコチョコしている程度ですが…(笑)

最近、三輪車に乗っている子供をあまり見かけないようになりました。

昔は自転車の練習を始めると言えば三輪車からという感じでしたが、今やコマなしから始めるというのがどんどん主流になって来ています。

ストライダーって何?

ストライダーとは簡単にいうとぺバルとブレーキがない子ども用自転車です。

2歳から5歳ころの子ども用に開発されたものでペダルがないので地面を蹴って進むのが特徴です。

公式サイトには対象年齢2歳~5歳、体重制限は27キロになっています。

三輪車に乗っている子どもが補助のコマを外す際にまずは両足で蹴ってバランスを取りながら進む練習をしますよね、その感じからスタートをするという感覚です。

なのでペダル付きの普通の自転車に乗った時にはバランスをとりやすくスムーズに乗り始められる事が多いようです♪

ストライダーの良い点は?

  • 小さいころからバランス感覚を養える
  • 直感が芽生える
  • 握力・脚力がつく
  • 歩き始めたばかりでも乗ることができる
  • 超軽量設計で車体が軽い(約3キロ)
  • 脳の活性化
  • オリジナルカスタムできる
  • 大会やイベントがある

などがあげられます。

足で蹴って進むので直感的にバランスをとりコントロールするようになり、走る・止まる・曲がるという事も自然に身につき、反射神経は敏感に反応していくようになります。

ストライダーにはブレーキワイヤーが付いていないので、ハンドルが360度自由に回転し、転倒してもハンドルがロックされないので体に与える衝撃を逃してくれます。

オリジナルでカスタム出来るのもいいですね!!グリップやタイヤのカラーバリエーションが豊富で子どもがテンションの上がる好きな色にして意欲を掻き立てながら練習でき、親子のコミュニケーションも広がります♪

そして、「ストライダーカップ」と呼ばれる公式のレースイベントがあります!

開催場所は全国で行われており、日本にとどまらず世界大会まであります。レースと言っても競うだけではなく泥んこの中を走るなど普段できない体験もさまざま。よちよち歩きのライダーもいて親子そろってお出かけでき癒されながら楽しめるイベントです。

ストライダーのデメリットは?

  • スピードが出すぎる
  • 凸凹道には向かない
  • スタンドが付いていないので自立しない
  • ブレーキがないので靴底がすり減る
  • 盗難にあう

などです。

2、3歳頃はまだ脚力もさほどなくスピードも出ませんが、4、5歳になる頃には慣れていきスピード感も楽しみの1つになってきます。レースができる程ですのでスピードもよくでます。少しひんやりする場面も出てきそうです。。

それに伴って足でブレーキをかける為、靴は泥だらけになるし靴底のヘリがヤバイとお友達がなげいてました。(笑)

私はスタンドはついててほしい点でした。家に持って上がっても玄関で壁に立てかけないといけないし倒れちゃうしで結局ストライダーのバッグを購入して車に入れています。

意外にこのバッグが重宝していて肩にかけれるので両手が空き便利です♪

 

どんなモデルがあるの?

  • クラシックモデル

ストライダーの原点となる仕様・スペックで構成されています。基本のモデルですね。

  • スポーツモデル

見た目ではクラシックモデルとほぼ同じに見えますがスポーツモデルでは、ハンドルバーパッドやロングシード等が標準装備されパーツの買い替えなど省け成長に合わせて長期使えます。

その分価格はクラシックモデルより少し高いですがカラーバリエーションが豊富です。

  • プロモデル

フレームやハンドルがアルミ製でクラシックモデルやスポーツモデルと比べて500グラム程軽くなります。500グラム?と思うかもしれませんが子供からすると大きく大会で優勝を狙うなら少々お高いですがオススメです!

 

  • コラボモデル

他人とは違うものが欲しい!!という方は是非おススメです!

ハーレー・ダビットソンやHonda、世界の子供たちを支援する国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」などともコラボしており限定カラーや限定ロゴの入ったデザインのストライダーがあります。

息子じょじょはストライダー10周年記念限定カラーのモデルを持っています。車体はゴールドでとてもカッコイイです♡

ストライダー正規店

「ストライダー正規店」と検索すればどこで販売されているかズラッと出てきます。

ストライダーを正規店で買えればいいのですがお値段もセールをしていない限り正規価格です。

お安くお買い物をしようと思うとネットショップが便利です。

ただ、偽物が販売されていたり、似たようなペダルなしのものもありますので良く確認してからの購入をおすすめします。

私はストライダーの回し者ではありませんので他のペダルなしも検討に入れてもいいと思います。

それぞれの特徴やデザインの好みもざまざまですので♪

先ほど上記で記載した「ストライダーカップ」と呼ばれる公式のレースイベントの参加は残念ながら正規ストライダーでないと参加できません。

☆☆☆追伸☆☆☆2018,4,18

初!公式ストライダーエンジョイカップにエントリーしました~♡

 

お願い

☆ストライダーで公道を走行するのは大変危険ですので絶対におやめ下さい。

☆何よりも大切なお子様の命を守ってくれるのがヘルメットです。安全性の高いヘルメットを被り小さいころからヘルメットを被る習慣をつけましょう。

☆お子様の走行中は保護者の方は決して目を離さないでください。

まとめ

ストライダーは自分で自然にバランス感覚をとり次のステップに進みやすいものです。

2歳からコマなしなんて…私の昭和時代にはこの感覚はないものでした。(笑)

ストライダーだけではなく、何でも小さいうちにやってみるという事は良い事で子どもは親が思うよりも自分で何かしらの感覚をつかみそれなりに出来るような気がします。

出来ても出来なくても色んな感覚が芽生える事は子どもにとっていいのではないでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村