あのヒルドイドを美容目的で処方してもらえる!美容効果は…

こんにちは!

私の息子じょじょは夜お布団に入ってから眠るまで少し時間がかかります。

皮膚が弱くすぐに乾燥して荒れてしまい関節部分を中心に赤くなったり、かゆみが止まらなくなるようでお布団に入ってから体を「かきかき」しながらでないと寝れないのです。

じょじょが「かきかき」するとかきむしるようにかくので私が暫く眠るまで手のひらでスリスリし続けます。

もちろん病院にいき「ヒルドイド」と言う保湿のお薬をもらい全身に塗っています。

お風呂上りに塗っていると痒さもマシにはなっているようです。

ですが今、困ったことになっていて、この「ヒルドイド」の処方にいつも通っている病院では制限がかかってしまっています。この前病院に行ったときに先生が「ヒルドイド」は月に2つまでしか出せないようになってしまって…と。。

その原因は、モデルやタレントにあるようで、女性向けの美容雑誌でヒルドイドを紹介したり、美容サイトなどが、「高価な美容液より、ヒルドイドのほうが美肌効果が高い」「何万円も払って高い美容クリームを買わなくても、健康保険が使えるヒルドイドはおトク」などと煽ったことで、乾燥肌、加齢によるシワなど、女性が気になる肌トラブルにも効果が期待できるとして、口コミでヒルドイドの評判がじわじわと広がってしまい、皮膚科やクリニックなどに美容目的で処方を求める女性たちが急増してしまったからだ。

なんてことを発信してくれたんだ…。

少し怒りさえおぼえました。。小さい子が痒くて困っているのに必要な量は処方してもらえません、、月に2個と決められる前は朝晩に塗ると効果的ですと先生に教えてもらい塗っていましたが今や足りずお風呂上りの一回だけに。

美容目的で処方してもらうのは違法

健康保険法や国民健康保険法では、健康保険を使って給付を受けられる範囲を「病気、けが、出産 死亡」としており、「美容」や「予防」で使うことは認めていません。

美容目的で皮膚科を受診し健康保険を使ってヒルドイドを処方してもらうのは「違法」です。

ヒルドイドを健康保険で使えるのは、血行障害、ケロイドの治療、血栓性静脈炎、皮脂欠乏性湿疹などで、加齢によるシワ、肌の乾燥などで、ヒルドイドを使っても良いとはどこにも書かれていませんが、患者さんの強い要望で先生は仕方なく保険病名を付けてヒルドイドを処方しているクリニックが少なからずあるようです。無理やり病名をつけて健康保険にお金を請求し医療費を圧迫しています。

皮膚乾燥症などに用いるヘパリン類似物質の処方量は、25gチューブ4本分程度以下が一般的です。しかし、厚生労働省は、一度に10本以上処方されているケースが年間100万回を超えていることを示す資料を提示し、これを問題として取り上げています。

さすがにこうした指摘は世間にも響いたようで、ヒルドイドの話題が一般のメディアにも取り上げられるようになりました。

ヒルドイドには美容効果はない

この騒動をうけたくさんの医師がヒルドイドには、肌のきめを整える、毛穴を小さくする、アンチエイジングなどの美容効果はないと次々に発表している。

ヒルドイドを使って、肌が潤いすべすべになったように感じるのは、界面活性剤と保湿成分によるところがほとんどで「ヒルドイドは医療用保湿剤だから肌に優しい」「高級クリームなんかよりずっと美容にいい」なんて誤解が生まれています。

まとめ

医療の高度化や人口の高齢化によって健康保険財政は年々厳しくなっており、美容目的で健康保険の無駄遣いは保険財政をさらに圧迫させることになります。

美容目的ではなく本当にお薬が必要な方の治療に使われるように健康保険は正しく使っていただきたいです。

ヒルドイドを美容目的での使用を広めたモデルやタレントはこの騒動を気づいているのでしょうか。 ネット内では名前があがっていますが何の訂正もないですね。

発信することに影響がある事をまだわかっていないのでしょうか。。

 

こちらのランキングに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村