子どもに言ってはいけない言葉。言ってしまっていませんか、、

こんにちは!

子育てをしていると常にイライラしている訳ではありませんが、時にイライラし自分の虫の居所が悪くイライラしてしまっているのか、子供の聞き分けの悪さにイライラしているのか、わからなく怒ってしまうことがあります。

ですがその際、怒りに任せつい親が口走って言ってしまいがちな言ってはいけない言葉があります。

それは、”なんでわからないの!?こんなの当たり前でしょう!” です。

”なんでわからないの!?こんなの当たり前でしょう!”の何がいけないの?

自分がこの言葉を使わなくてもどこかで「なんでわからないの!当たり前でしょう!!」とママが怒っている声が聞こえて来ることはありませんか?

私も子供を産む前からどこかで聞き覚えのあるフレーズとして記憶しています。

ママからしてみればこんな事少し考えればわかるでしょ!当たり前でしょう!と「なんで?」の思いでこの言葉を子どもに使い怒っているのですが、子どもからしてみれば当たり前が何なのか全くわからないのです。そして子供なので1回では覚えられないのです。

親は経験をしてきた結果当たり前になっているのにそんな昔の自分は忘れて子どもにも当たり前を押しつけています。

大人は自分の生活が当たり前と錯覚していく事もあります。ですが当たり前なんてあってないようなものです。

なので怒るだけでは、子供はわからないままだし子どものやる気は育ちません。

どんな言葉がいいの?

それは、子どもが安心感やに自信に繋がる言葉です。

”大丈夫” ”期待してるよ” ”できたね” ”大好きよ” などです。

あとは、待てるママで居てあげるとやる気になります!男の子なんて得に(笑)

うちの息子じょじょにもこの手を使いやる気を引き出している最中です。

自分で手を洗い私の所に駆け寄り「できたよー!」、自分でズボンを履き「できたよー!」ごみ箱にごみを捨て「じょじょ自分でできたよー!」と教えてくれます♪

じょじょの言葉にも出るように「自分でできた」という事が自信につながっているようです。

イヤイヤ気に入っている息子でも素直に出来る事が増えました。そして私たちの間でじょじょがイヤイヤで泣いてしまったあと仲直りするときには「大好きのぎゅー!」といってハグします。これをするようになってから保育園で朝のバイバイの時にも「大好きのぎゅー!」といって寄ってきて気が済んだらもういません。(笑)

幼児のうちに自信や意欲をなくしてしまっては可哀そうですからね。そういう子は言葉が悪いかもしれませんがママが荷物的に子供を連れてしまってる場合が多いと思います。

まとめ

子育てにイライラはつきものです。そして時に怒りは必要ですが、「子育ては思い通りにならない。」それを何となくでしか感じておらず、ちゃんと理解していないように思います。子どもをもっと知ってあげる事がとっても重要だと思ってます。

親は一方的に親のいう事を子どもに聞かそうとしても子供は言う事を聞かないので怒ります。親も「パパ」「ママ」を経験中ですので、その経験の中で怒りから放つ言葉を違う言葉に変えてみたら子供の中で何かが変わるかもしれませんね♪

 

こちらのランキングに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村