気になる子供の利き手。左利きのメリット、デメリット☆

こんにちは!

子供が産まれる前からこの子は利き手がどっちなんだろう?と少し気になっていました。

なぜなら、私の利き手が左なので、左利きになる可能性があるからです。

子供の利き手には遺伝の影響もあると言われていますので、30数年左利きで過ごしてきて得した事や残念な事など少し紹介してみます!

 

駅の改札口

  • とっさに出る手は左なので利き手で定期を持ってしまうため、通勤ラッシュなど込み合う時間は流れに乗るよう意識しサッとクロスでかざす。
  • 自分の腕が邪魔で意外とスムーズではない。
  • 右でかざせばいいと思いがちだがムダな緊張感の割にちゃんとヒットするか不安。。
  • ヒットしなかった時の恐怖。

自動販売機

  • お金を入れる場所が右に必ずあるから、自動販売機に対し右側によってしまう。
  • お金を入れながら選ぼうとするので体がそりがち。

食事の時の席

  • 食事中の肘が隣の人に当たってしまう事がきになる。
  • そこまで当たらないだろうと思っている人もいるかもしれないがリアルであたる。
  • カウンターなら一番左側
  • テーブル席でも何人席だろうが選択肢は2つしかない。
  • 気にしないでと言われ間に入れられても当たらないように最後まで気を使っているのは自分だけなので正直しんどい。

習字

  • 筆は絶対右でかかされる。(止め、跳ね、払いが右利きでないと書けないようになっている)
  • プルプルしたミミズのような字になる。
  • うまいも下手もない。
  • 先生の見ていない時に左で書く。
  • 左下の名前はデカめになる。もしくは真っ黒。

ハサミ、包丁

  • 右利き用しか使ったことがない。
  • 逆に左利き用が使えない。

公共施設の紐が付いたボールペン

  • 右側に固定されていて、長さが足りない。
  • 思ったより短いと勢いあまって紐のついてる根本辺りの物をひっくり返す。もしくはすごい音がする。
  • ビヨンビヨン延びるゴムの場合は中間部分を右手でゴムの可動域を抑えながら書く。
  • 体の向きは右向き。

お玉、フライ返し、

  • ビュッフェのレードルはすくった後どっちに流すか一瞬考える。
  • フライ返しは先が真っすぐなものを選ぶ。
  • 便利グッツは大体右利き用なので左利きはより不便になる。

プリント、テスト

  • 自分の手で自分の字が見えない。
  • 解決策は、プリントを右下がりに斜めにするか、脇をしめまくるか、手首を内側に入れるかだ。
  • プリントを斜めにする方法になった人はテスト中、カンニングさせてると勘違いされ何度もプリントを真っすぐに直される。
  • 斜めにして書くことが普通になっていき、しまいにはプリントが横向きでも何の違和感もなく書ける。

その他

  • カメラのシャッターが右にありブレる。
  • 駐車券の精算ではお金入れる時と体がよじれお尻が浮く。
  • 子供の頃に矯正を一応受ける。
  • 何かとスポーツ用品が高い。
  • 自分が右利きか左利きか分からなくなる。
  • 右利きの人は安易に「右でやったら?」と言って来る。
  • 教わる際右利きの人の困惑時間待ちがある。

などなど、ほんの一部。逆に良かったことも沢山あります。

良い事

  • 器用だと思われる。
  • スポーツは有利。
  • 天才気質だと思ってもらえる。
  • モテる時がある。(時に左利きフェチがいる)
  • なんだったら右も使える。
  • 左利きの人がいると親近感がわく。
  • 発想が豊かだと思われる。
  • 一目置かれる。

などです。

まとめ

左利きは、時々苦労するけど プラス、マイナス=0 です。(笑)

なので私は、子供が右利きでも、左利きでも受け入れ態勢バッチリです!

もし左利きでも、矯正させようとも思っていません。

左利きも1つの個性ですから♪

利き手が決まる根拠は遺伝だけではないようなので、利き手が決まるといわれている4歳ころまでは子供の動作に制限をかけないでよく観察してみようと思っています♪

4歳まであと2年程ありますので、もう少し様子を見守りたいと思います…☆

 

こちらのランキングに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村