電子タバコ 子供や妊婦、家族への影響はない!?

こんにちは!

近年は禁煙ブームでたばこを止められている方も多いと思います。

奥さんの妊娠をきっかけにパパがたばこの本数を少なくしてくれたり、電子タバコにしてくれたりとママに協力してくれる旦那さんも多いと聞きます!

私の周りのパパ友達も子どもが出来てから「嫁に臭いといわれるようになった」や「子どもが居るから気になるようになった」と言っています。

中でも多いのが加熱式たばこ(通常のたばこ)から電子タバコに変えるパターンです。

私はたばこを吸ったことがありませんが、たばこを吸う人は急には止められないのでしょうね、せめて火を使わず臭いも抑えられる電子タバコに変えていきます。

ですが、たばこを吸わないママからしてみたら臭いや煙は減ったとはいえ、副流煙が妊娠中や子供に影響がないのか気になるところです。。

電子タバコって…

電子タバコがテレビで取り上げらるなどして話題をよび爆発的な人気となり品薄状態にまでなったアイコスやJTが発売したプルームなどがあります。

各社のホームページや宣伝などには耳あたりの良い言葉が並び、電子タバコは害がないと錯覚してしまうほどですがホントはどうなのでしょうか、、

電子タバコのメリットと思われる特徴

1、火を使わない :電子タバコは火を使いません。たばこの葉を温める事によりニコチンを発生させます。これによりタールなどの有害物質を軽減出来ます。寝たばこなどによる火事が起こることはありません。

2、煙が出ない :従来のたばこのように葉を燃やさないので煙は出ません。これにより周りの人に煙たがられる事も少なくなります。吸った直後にその人とお話しても鼻につくような臭いがありません。

3、灰がでない :葉を燃やさない事で灰がでず、飛び散ることもなく灰皿が要らなくなります。すぐにごみ箱に捨てれる為、子供が間違って口に入れてしまう事も少なくなります。

煙が出ないという事は副流煙は存在しない!?と疑問がでてきます。

副流煙の害はあるの!?

アイコスやプルームもたばこの一種なので当然 副流煙と言うものがあります

アイコスは有害物資地が90%以上カットされていると言われており、タールはほとんど含まれていないといいますがニコチンは普通に含まれます

ですので残りの10%程度には副流煙にも有害物質が含まれています。

多くの専門家たちは電子タバコに対する強い懸念を表明しているようです。

医学会からの激しい声

海外では電子タバコに対する冷ややかな目線がある中、専門家の集団(主に医師たち)である学会の反応も厳しいようです。

レポートの中でニコチン入りの電子タバコについてではありますが「電子タバコの安全性はいまだ不明な点が多くまた、禁煙補助具としての有用性も証明されてない。」としています。

今後主流になっていくと思われる電子タバコ。その危険性については特に注視していく必要があるようです。

まとめ

電子タバコ喫煙者は、煙や臭いがないだけで周りの人に害を与えないと勘違いしている人がほとんどの様です。

ですがそんな事はありません。逆に安心しきって部屋を閉め切ったまま吸うことにより目に見えない副流煙を周りの人が多く吸う事にもなりかねません。

「副流煙による健康被害が生じる可能性がある」ということです。

電子タバコによる健康被害については研究が始まったばかりで研究データがまだ不足しているようですのでどれくらいの害があるかについては、言い切れないとしています。

妊娠中の母体や胎児、子供の脳や体にも影響を及び兼ねません。

電子タバコとはいえ目に見えない有害なものが浮遊していますのでくれぐれも気を付けて下さい。

 

こちらのランキングに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村