ストライダーエンジョイカップ初出場決定!!

こんにちは!

以前、ストライダーの人気についてブログに書かせていただきましたが、私の息子じょじょがついに来週4/28福岡ドームで行われるストライダーエンジョイカップ2歳の部に初出場します!!

ドキドキ…♡

申込みをした後は、猛練習!!と言いたいところですがそういう訳にはいかず…

やる気を起こそうとYouTubeで動画を見せるも「とーましゅがいい!」と言われ…

ご機嫌の時にしか練習していませんし、練習と言ってもよちよち歩きです♪

☆☆☆追伸☆☆☆ 2018,4,23

公式ストライダーエンジョイカップの前に公式ではないランバイクでの参加可能nなレースに参加してきました!! その様子はこちら♡

ストライダーエンジョイカップのレースに出るには服装などのルールがあります。

少し見ていきましょう!

レース参加の服装について

ヘルメット…頭部の安全を守る為必須品です。あご紐の調節をしてゆるみなく締めましょう!(レンタル可)

ウェア…長袖もしくは七分丈のシャツの着用が必要です。 半袖の場合は肘を保護するプロテクターの装着があれば着用可能。

ズボン…長ズボンもしくは七分丈のズボンの着用が必要です。半ズボンの場合は膝を保護するプロテクターの装着があれば着用可能。

グローブ…手指を保護するためのグローブの着用が必要です。 手袋、軍手、普通の手袋、第二関節から指先があいたタイプの物でも問題ありません。

シューズ…靴紐もしくはマジックテープタイプのシューズの着用が必要です。走行中や転倒時にシューズが脱げる事がないようしっかりと締めるようにしましょう。サンダルスリッポンの使用は禁止です。

プロテクター…ストライダーエンジョイカップはスポーツです。万が一に備えて肘、膝を保護するプロテクターの着用をおすすめしています。

とレースに出るにも何かと要りますね!!

ママの作戦

2歳イヤイヤ気が重なりプロテクターの着用は、きっと着けるのを嫌がって気分を害しそうですので諦めます。季節的にまだ長袖長ズボンで大丈夫な気温だと思うのでまだよちよちなのでプロテクターの着用なしの長袖&長ズボンで決定!!

ヘルメットはじょじょパパに任せ、私は必需品のグローブ探しです。

グローブ…。グローブと言っても軍手や手袋でいいなら冬に100均で購入しとけばよかったと思いながら時すでに遅し。なかなかネットでも2歳から3歳のグローブは見つかりません。お得に購入しようとプロテクターとセットになっている商品がありましたが4~6歳用ばかり…

ついこの間SNSでじょじょと同じ年のお友達がストライダーエンジョイカップに出ているのを載せていたのでどこで買ったか連絡してみると、やっぱ2~3歳用のグローブ探すのが大変でムラサキスポーツでやっと見つけた!との事。ネットにないなら店頭!?と思いましたが行く時間がないので正規のストライダーのグローブをネットで昨晩、購入しました~!!

税込み2,592円。高っ!! まぁ、仕方ない。。

楽天やAmazonで売っています。Amazonは送料込みなのでAmazonの方がお得です♪

そして先ほど届きましたがめちゃめちゃ可愛いサイズ♡

こんなのつけたらめっちゃカッコいいやん!!とママはこのグローブをつけたじょじょの姿を想像しております♡

意気込み

旅行がてらお泊りで行きますので気分は興奮状態だと思います。

レース当日にはじょじょにご機嫌で居てもらう事を一番に、ヘルメットの着用とグローブの着用を促し自転車にまたがってもらう事を目標に頑張ります!(笑)

2歳児はこの基本の準備が出来なくて(イヤイヤで)参加さえできない事態になることが良くあるようなので。。汗

子どもたちはレースの意味もまだわかっていませんし、ほとんどは親の方が必死になるようです。

初戦のレースが終わりそのレースで遅かった子や途中で止まってしまった子でも敗者復活のレースが用意されていますので順調にいけば初戦と敗者復活戦の2回レースに参加できます♪

もし基本の準備ができたなら、欲を言うと一人でゴールに向かってくれたら嬉しいですけど。。

そんな姿が見れたなら……想像するだけで泣けてきます。

エンジョイカップなのでエンジョイ出来るように気軽に参加してきまーす♪

 

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村