ママの日焼け止めを子供に使うのは止めて!!!

こんにちは!

お天気の日が続いていますね!

今年は暖かくなるのが早い気がします。今日も夏日になるようで、お子さんをお持ちの方はお出掛けや公園など外で遊ぶ機会が増えたのではないでしょうか?

まだ4月ですが、私の息子じょじょは半袖で保育園に行っております♪早いかなと思いましたが結構半袖の子供たちがいました!子どもは暑がりですからね。

そこで気になるのが紫外線!! 近年、子どもに日焼け止めを塗る事も一般的になってきましたが間違ったものを塗っていませんか?

先日、日焼止めのSPFとPAについてお話しましたが、今日は子どもの日焼止めについて少し書きたいと思います。

子どもの皮膚を守ってあげましょう!

子どもの皮膚

公園などに遊びに行くときには直射日光を避ける為、帽子をかぶせる事も大切ですが紫外線はどの角度からもやってきます。

適度に紫外線を浴びることは、骨形成を助け、皮膚を殺菌するなどのメリットもありますが、紫外線の浴び過ぎはやはり危険です。

大人に比べ子どもの皮膚が薄いので同じ紫外線の量であっても子どもが浴びる紫外線の方が悪影響が出やすいと言われています。

日焼止めの成分の違い

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」と、「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤:紫外線を吸収して化学反応を起こし、人体に影響の少ない赤外線や可視光線に変換して放出し、肌へ当たることを防いでくれるものです。効果は高いが肌への負担が大きく刺激を感じる場合がある。白浮きせずつけ心地はいい。

紫外線散乱剤:紫外線を反射して防ぐもので、自然な成分で構成されているものが多いのが特徴です。肌への負担は少ないのですが、白浮きしやすく、汗などで流れやすい特性があります。

「紫外線吸収剤」は化学変化をおこすなど多少なりとも皮膚に負担がかかります。ですが子どもの日焼け止めでも製品によっては「紫外線吸収剤」が入っている場合はあります。

一般的にお子様に使用する場合は低刺激なものとされている「紫外線散乱剤」だけを使用したノンケミカルなもの、植物由来のエッセンスを主成分にしたオーガニックのもがベターです。

ママと同じ日焼止めを使ってもいいの?

子ども用の日焼け止めが用意できていない時にはつい「ママのでもいいかな!?」と思ってしまうかもしれません。

しかし、できれば赤ちゃんや小さい子には大人用の日焼け止めを使うのは、辞めておきましょう。

大人用の日焼け止めには成分に大きな違いがあります。うっかり大人用の日焼け止めを赤ちゃんや子供に使ってしまうと肌トラブルを招きかねないので注意が必要です。

子ども用の日焼け止めには石鹸で落ちるものがほとんどですが、大人用の日焼止めにはシリコーン系合成ポリマーというメイク落としやクレンジング剤が必要な強力な合成ポリマーが配合のものがあります。

この成分は大人にとっては崩れにくいというメリットがありますが子どもにとってはよくありません。子どもには子供用の日焼け止めを使いましょう!

子ども用日焼け止めを選ぶには?

子供の肌はデリケートなので、効果の強さだけを考えて刺激の強い日焼け止めを塗るとかぶれたりすることがあります。

子供に使う日焼け止めとしては、SPFを10~20くらいにおさえ、PAは+がひとつのもの選ぶと、肌への負担を抑えることができます。

特にお子様が肌が弱いと感じているママには天然由来の成分を使用しているオーガニック日焼け止めがおすすめです。ですが子供の肌は敏感なので、この範囲内におさめたものを使っても肌トラブルが起こる場合もありますので使用する前には必ずパッチテストをするようにしましょう。

まとめ

子どもはデリケートな肌ゆえに、傷つきやすくトラブルが起こりやすいので必要以上の日焼止めの強さはいりません。

汗をかいたら日焼止めを塗り直すなどし正しく日焼け止めを使い、子どもを紫外線から守ってあげましょう。

そして低刺激の日焼け止めでも、肌の負担になっていますので塗りっぱなしにはせず1日の終わりには、お風呂に入りきちんとせっけんで洗い流しましょう♪

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村