こいのぼりを出す時期は?片づける時期は?

こんにちは!

ふと、気が付くともうすぐ4月も終わりに近づいていますね。

あちらこちらに「鯉のぼり」が飾られているのを目にします!

保育園にも大きな鯉のぼりが泳いでいて、私の息子じょじょも「やねよーりーちゃーかーい♪」と保育園で習ったお歌を口ずさんでおります♪

私のお家はと言うと、ちぃーさぁーい鯉のぼりが家の中にあるだけです。(笑)

世間をみて鯉のぼりの季節か~と思いますが、なぜ飾るのか、いつからいつまで飾ればいいのか疑問に感じているママも多いのではないでしょうか。

子供達にも伝えてあげられるように少し思い出してみましょう。

鯉のぼりの意味

5月5日は「こどもの日」。「こどもの日」は「端午の節句」とも言いますね!

端午の節句は中国からはいって来たもので、もともとは「厄払い」の行事になります。

中国で言い伝えられていた立身出世から、鯉の滝登りをイメージし、のぼりに鯉をかき端午の節句を祝いだしたのが『こいのぼり』の最初と言います。

鯉が滝をのぼり、竜になって天に登った言い伝えから『子供に立派になってほしい』との願いや意味が込められています。

鯉のぼりはいつ飾るの?

鯉のぼりは、春のお彼岸(春分の日)が過ぎれば飾ってもいいといわれています。概ね3月下旬から4月上旬頃に飾りつけるのが一般的なようです。

ママのお仕事がお休みの日や、鯉のぼりが大きいものでしたら、パパがお休みの日に一緒に飾るのも一つの行事として楽しいかもしれません♪

この日に出すという決まった日にちはないので天気のよい日や、場合によっては大安などの日取りを選んで飾りましょう。

吹き流しの意味

黒い鯉はお父さん、赤い鯉はお母さん、青い鯉、緑の鯉は子どもたち (※近年色んな色になっています) とされますが、鯉のぼりのだけではなく一番上に付いている5色の吹き流しをご存知でしょうか。

「五色」(ごしき)は、古代中国の「五行説」(ごぎょうせつ)に由来しています。万物は、木・火・土・金・水の五つの要素で形成されているようで、木は青・火は赤・土は黄・金は白・水は黒を表現しています。

五色の吹流しは、幼子の無事な成長を願って「魔よけ」の意味で飾られました。
カラカラと回る矢車も同様な意味をもっています。

この吹き流しは「神様に早く気づいてほしい」という気持ちも込められているようです。

鯉のぼりはいつまで飾るの?

鯉のぼりを片付ける時期に関しても特に決まりはなく、端午の節句が終わり5月の中旬頃までが目安です。

ほとんどの家庭で旧暦の5月5日まで飾るというケースが多いようですが、旧暦の端午の節句は約1ヶ月遅れになるため、6月上旬まで鯉のぼりを飾っている家庭もあります。地域によってさまざまです。

片づける時期によっては梅雨になってしまいますので、それまでのお天気のいい日に片づけておくのがいいでしょう♪

まとめ

こどもの日は、男女問わず健やかな成長を願う日になりましたが、男の子のいる家庭では鯉のぼりを飾る習慣がいまだ続いており、男の子にとっては、鯉のぼりを飾ることは一大イベントです♪

家族みんなで端午の節句の準備やお祝いをすると、きっと楽しい思い出になります☆

5月5日には、柏餅やちまきを食べたりして、子供の健やかな成長をみんなでお祝いしましょう。

一軒家のお宅は大きい鯉のぼりが飾られている事も多くとても羨ましいです!

我が家では小さい鯉のぼりですがじょじょは喜んでくれていますので、毎年出してお祝いしたいと思います♪

 

こちらのランキングに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村