事実婚にはこんなメリット・デメリットがあった!!

こんにちは!

あちゅい、、溶ける。。💦

皆さん、熱中症にはお気をつけください。。

さて、先日ブロガーのはぁちゅうさんとAV男優のしみけんさんの事実婚の話題と事実婚に関する手続きなどを書かせてもらいましたが、近年色んな結婚生活がある中で、実際私たちにも結婚ではない事実婚の選択肢はありえないのかと思い、事実婚のいいところ悪いところは何か気になったので少し調べてみました。

日本では最近になって事実婚が増えてきたといわれていますが、欧米諸国ではもーーっと前から事実婚は一般的なものとしてとらえられているようです。

☆☆事実婚を名のるには手続きが必要なのです!!☆☆

↓こちら♡↓

 

事実婚のメリット

☆手続きが簡単

手続きが簡単なのは1番のメリットの様です。

結婚をするとなると書類だけでも様々な手続きがあります。市役所に提出するものも多いですがパスポートやクレジットカードなど…名義替えも必要になります。

そして、法律上どちらかの姓にしなければならず姓を変える方は大変多くの労力がいります。

☆離婚するのも簡単

上記のようにお互いの姓名を変えないで居られるという事は離婚するのも簡単。

姓名が変わらないため会社や周囲にも離婚したことがわかりづらい。

結婚後の離婚になると、姓名がかわり周りの目や噂など気にする方、それを躊躇して離婚に踏み出せない方もおられますし、また自分の姓名に戻す手続きに労力を費やすことになります。

こういった苦労がなく離婚のハードルが低くなるといえます。

☆夫婦別姓

日本では現在の法律上では夫婦は同姓でなければなりません。

婚姻届けを出しておきながら夫婦が別姓を名のる事は日本では認められてないのです。

日本では夫婦別姓が認められていないのなら夫婦別姓を望むカップルにとっては事実婚という婚姻の形が必須になってきます。

☆慰謝料請求

事実婚であっても不倫やDVなどでわかれる場合は慰謝料請求が可能です。

この場合、事実婚していた証明と不倫の証拠やもしくはDVの証拠が必要となります。

事実婚のデメリット

★子供が出来たとき

結婚して子供が出来たら自動的に夫婦の元に入りますが事実婚だとその子供は「非摘出児」として母親の籍に入るようになります。

父親はというと認知の手続きを自身で行なわなければなりません。非常に面倒な手続きでもあり、子どもの姓は母親の姓を名乗るようになります。

周囲からみると違和感があるかもしれません。

★社会的信用

まだまだ浸透していない事実婚ですので、例えば住宅ローンでは夫婦共有名義で組むことが出来ず信用を得る事が出来ないという大きなデメリットがあります。

他にも扶養手当がないケースもある。

又、配偶者に何かあった時家族としての扱いを受ける事が難しくなります。

★周囲の理解がない

事実婚の手続きをするならなんで結婚しないの?やだったら同棲しておけばいいじゃん!など周囲の人の理解がえられない事が最大のデメリットになりそう。

事実婚した2人はいいけど、親や親せきの理解は得難い。

まとめ

ざっとではありますが事実婚についてのメリットデメリットを見ていくと、人それぞれの環境などによっては選択もあり得るのだろうと感じます。

事実婚について理解はまだまだ浸透していませんが、やむ負えなく選択することも、また、事実婚がいいと選択することも。

子供が出来てから事実婚から結婚することもあるようです。

 

The following two tabs change content below.
じょじょママ
2歳の男の子を持つシングルマザーじょじょママと申します♪ 訪問してくださり有難うございます! 日々の育児や育児経過、おしゃれと時々仕事、シングルマザー情報などを気分により多ジャンルでお送りしていきたいと思います。

 

こちらに参加しています♪

気に入りいただけましたら応援のクリックお願い致します♡

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村